きしだが働いてるかどうかIDEのメモリ使用状況から機械学習で判定する

講演情報

タイトル

きしだが働いてるかどうかIDEのメモリ使用状況から機械学習で判定する

概要

最近は機械学習が流行しています。 しかし、Javaのメモリ使用状況のような波形データの分析は、そのままの形では単純な機械学習器に不向きです。 このセッションでは、このような波形データに対して、ウェーブレット変換で周波数解析してから機械学習を行う方法について紹介します。

想定している聴講者層

機械学習の利用や実装に興味がある方

カテゴリ

その他

難易度

中級者向け

種類

一般枠 (45分)

言語

講演者情報

きしだ なおき
非公開

プログラムを組んだり、電子楽器を練習したりしています。


https://twitter.com/kis/ https://d.hatena.ne.jp/nowokay/ https://github.com/kishida